光輝学院イメージ
西東京保谷学習塾光輝学院 スマホ用ヘッダー
西東京保谷学習塾光輝学院 スマホ用メイン

保谷・ひばりヶ丘の学習塾| 光輝学院で“塾講師”タグの付いているブログ記事

2015年4月27日

このブログを

ありがたいことに、学校の先生も読んでくれているようだ。

先生と話をしているうちに、「教育のプロたちは、これを読んで、私に、あるいは塾業界に失望するだろうか。」って、少し考えた。

そこで自分の弱さに気づく。常日頃、「塾講師は学校教師以上に研鑽を重ねている。予習・復習・指導方法・個別対応その他、どれをとっても、学校教師を凌いでなければならない」と思っているはずなのに。

司法試験受験指導校を含めると、教育業界に就いて20年を超える。それでも、私よりも経験の少ない若い学校教師と話をしていると、「この教師はスゴイんじゃないか。」と思う。

まだまだ努力が足りないってことだ。

先生たち、頑張ってください。きっと私は、もっともっと頑張ってみせます。

そして子どもたち、よく見ていろ。学んでいる君の努力など、教える俺たちの努力には足元にも及ばないぞ。悔しかったら、いつの日か、俺たちを超えてみろ。

2015年3月31日

怖い講師、楽しい講師

この塾で、塾生による私の評価はふたつに分かれる。

ひとつは「怖い先生」で、もうひとつは「楽しい先生」である。そう、塾生によって、私の評価は両極端に分かれるのである。

私を「怖い」と思う塾生のタイプは、勉強をしない塾生であり、努力を惜しむ塾生である。私がどれほど熱心に指導しても、宿題や課題に対して真剣に取り組まないかぎり、決して「できる」ようにはならない。だから厳しく指導する。勉強とは厳しいものだとわかってほしいからである。

一方、私を「楽しい」と思う塾生は、言うまでもなく、努力している塾生である。たとえ結果に出なくても、努力しているかぎり、かならず「できる」ようになる。いや、「できる」ようにする。

頑張っているのだから、励ますことはあっても、叱ることはない。

わからないから塾に来るのだ。塾に来ても「わからない」となると、それは教えている私のせいだ。わからないときに塾生を叱るのはお門違いというものだ。

私に叱られない秘訣、それは、「がんばること」である。