光輝学院イメージ
西東京保谷学習塾光輝学院 スマホ用ヘッダー
西東京保谷学習塾光輝学院 スマホ用メイン

2017年7月21日

夏休みが始まった。ということは、通知票をもらったということだ。

中学生の通知票は小学生とは意味合いが違う。

小学生は、ここでいったんリセットされる。「よくできる」の児童も「がんばろう」の児童も、その瞬間から同じ「夏休み」が始まり、同じ「2学期」を迎えることになる。

しかし中学生は、もらった通知票の成績を基礎にした2学期を迎えることになる。5の生徒とが2学期にもらう通知票が3にはなりにくい。また2の生徒は4や5にはなりにくい。

その「上がりにくい成績」を上げるのが夏休みの努力である。

勉強ばかりしろ、とは言わない。しかし、中学生は小学生とは違うのだから、生活も違うものにしなければならないだろう。

自分の「何」を「どう」改めなければならないのか。それを「具体的に」考えて生活することが要求される。

改める点がわからなければ、訊きに来てほしい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://jyuku.me/blog/mt-tb.cgi/61