光輝学院イメージ
西東京保谷学習塾光輝学院 スマホ用ヘッダー
西東京保谷学習塾光輝学院 スマホ用メイン

2017年10月24日

世の中は「ヌーハラ」なるものに席巻されているようだ。

ヌーハラとは「ヌードルハラスメント」で、蕎麦やラーメンをすする時の音が(特に外国人にとって)迷惑だというのだ。

冗談じゃない。蕎麦やラーメンは、すすってこそ旨いのだ。

じゃ何か? 蕎麦の「猪口切り」は、指で蕎麦を切るなんて不潔極まりないってか?

寿司は手で食べるが、これはいいのか?

これらはれっきとした日本の文化だ。

それがイヤなら、日本に来なきゃいいじゃないか。

呼びもしないのに勝手に日本に来ておいて、その日本の文化にいちゃもんをつけるとは褒められたことじゃないぞ。

それに合わせようとする日本人も日本人だ。なんと、スマホに連動して、すする音を消すというフォークを開発したのだ。そのフォークでラーメンをすすると、それに反応したスマホが(ザーとかジャラジャラとかの)音を出して、すする音を消す(ごまかす)というのだ。

ラーメンは箸。蕎麦も箸。フォークはスパゲッティなどの西洋麺を食べるもの(くるくる巻いて、口に入れる。すする必要はない)だ。

私は決して保守的ではない。ただ、長い歴史の中で培われた文化を簡単に否定する気にはならないだけだ。

中年オヤジたちよ、誰が何と言おうと、麺は大いにすすろうではないか。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://jyuku.me/blog/mt-tb.cgi/64